「ユーキャンだけで合格」は難しい

「ユーキャンだけで合格」は難しい

 社会保険労務士試験挑戦のために通信教育を検討されている方は多いと思いますが、今やこの資格向きの講座はかなり数を増してきており、様々検討するも「結局どれなら合格できるの~?」と途方に暮れてしまいたくなることもあるでしょう。
その結果、「とりあえずは有名どころなら間違いない」ということで、さほど比較検討せずにユーキャンの社会保険労務士講座を申し込んでしまう受験生も少なくないと思います。

そんな皆さんに、声を大にして言います。
ユーキャンの社会保険労務士講座、これでは合格はなかなか難しいですよ~と。

 冒頭からいきなり過激なことを書いてしまいましたが、これは私自身の実体験から感じたことです。もちろん、ユーキャンの社会保険労務士講座のみで合格を掴みとられた方もいらっしゃるのかもしれませんが、少なくとも法律初学者&初受験で仕事をこなしながら試験に挑戦した私の経験からいえば、「ユーキャンの社会保険労務士講座では心もとなかったな」と感じられることが多々あったのは事実。
このサイトを立ち上げるにあたっては、あくまで個人の感想としてユーキャンの社会保険労務士講座の受講体験をまとめておこうと思い立ち、感じたことなどを綴っている次第です。
これから試験対策として通信教育を受講される皆さんは、ぜひ安易に「有名どころだから」という理由からスクール選びをするのではなく、しっかりと内容を吟味して比較検討されることをオススメします。

 さて、それではユーキャンの社会保険労務士通信講座は一体どこが良くなかったのかといえば、「内容的に“初歩の初歩”」であることに尽きると思います。
まずはテキストについてですが、受講生のおよそ75%が初学からのスタートということで、確かに説明が分かりやすいのはいいんです。ですが、これで合格ライン到達レベルの知識を習得できるのかどうか、といえばそれはやはり別問題。もう少し、突っ込んだ解説が欲しかったと思います。
また、講義がついていないという点も、数ある社会保険労務士通信講座の中では大きなマイナスポイントとして捉えられてしまう要素であると思います。
社会保険労務士試験レベルの難関国家資格となれば、随所で難しい内容理解が求められるもの。それをすべてテキストのみ、文字だけでカバーするのは、おそらく私以外の受験生にとってもなかなか難しいのではないでしょうか。

 この他、ユーキャンの社会保険労務士通信講座については様々思うことがありますが、次章以降でご紹介していくことにします。
「講座選びに失敗したくない!」という社会保険労務士受験生は、ぜひ読み進めてみて下さい。


>NEXT
ユーキャンの通信講座あるある